Information

早漏になる要因と原因
早漏であることを気にしている男性は多いと思います。

早漏の原因には身体の異常や体質によって起きる器質性のものと、精神の異常や疲労が原因で起こる心因性のものがあります。

器質性の早漏に関しては、主に包茎による早漏や男性ホルモンの低下による早漏、疾患による早漏が挙げられます。

日本人男性の7割が包茎と言われていますが、包茎は特に過敏性の早漏になることが多いとされています。

また、加齢にともなって早漏になることがあり、男性ホルモンの減少が要因であると言われています。

男性ホルモンが低下すると精力減退などによって十分な勃起が出来なくなってしまいます。

それによって射精をコントロールする射精筋肉が弱ってしまうことが原因なのです。

さらに、糖尿や泌尿器系の疾患によっても早漏になってしまうことがあります。

心因性の早漏には性的な神経衰弱によるものが大きく、若い男性に多いのが特徴です。

この心因性の早漏は精神的負担によって起こるものであり、ストレスが溜まっていると自律神経に異常を起こしてしまうことから早漏になってしまいます。

自律神経が混乱してしまうことで、通常よりも早く射精してしまうことがあるそうですよ。

しかし、これら早漏への対策は可能になっています。

早漏で悩んでいる男性に"早漏防止ラボ"というサイトを見て欲しいですね。